• 畳表の等級の違いは何の違い?その②

    前回、い草の長さについて書きましたが、今日は畳表(わかりやすく言うとござの事です。)の経糸の話をします。い草を織る際の経糸の種類によって厚み、弾力、強さが違います。写真下の畳表は経糸が綿糸一本の物。真ん中は麻糸一本の物。上は麻糸か2本使われています。綿糸よりも麻糸の方が硬くしっかりしていて強いですから、綿糸一本の物より麻糸を使った物の方しっかりし、さらに麻糸2本であれば厚みも強さも増してしっかりした畳表となるわけです。ちなみに当店で多く使っている畳表は綿と麻を1本ずつ入れた綿麻W表や太麻表と言うのがあります。畳に経糸の違いがあるなんて、ほとんどの方はご存知無いかと思いますが、大きな違いなのです。

  • い草の等級は何の違い?その①

    畳替えの価格には数種類のランクがあります。何が違うのでしょうか?材料となる畳表の産地・ブランドと言うのはもっともの区別ではあるのですが、わかりやすい区別のしかたの大きな一つの要素として、写真の様に丈の長いい草を使って作られた畳表が良いい草になります。

    刈り取ったい草は、先端と根元は色が良くないので中心部のよいとこを中心に織り込まれます。長いい草程その良い部分が多いので一枚の畳表のきれいな部分も多く作ることが出来ます。尚且つそのい草を本数多く使って織り込んだ畳表程、目の積んだしっかりした良い畳表が出来ると言う事ですが、さらに畳表の違いには経糸(たていと)の違いと言うのがあります。そのあたりについては又次回記載致します。

  • 畳の色はこんなに変わります。

    13年経過した畳の交換を承りました。通常5年程で痛んで表替えする家庭が多いのですが、丁寧なお手入れと住まわれ方をされていたせいでしようか、傷も少なく良い飴色になっていましたが、新畳に交換するとこんなに色が違います!新しい畳は足触りも柔らかいですし、い草の香りも良く、きっと梅雨時でじめじめじめして、コロナ禍でのストレスがあられたりしてもだいぶスッキリしていただけるのではないかと思い納品させて頂きました。

  • へり無しと琉球畳の違い

    最近、へり無し畳・琉球畳の施工のご要望やお問い合わせが多くなっています。

    琉球畳=へり無し畳 と思われている方が多いかも知れませんが、微妙な違いあるのです。

    琉球畳とは一般に使われている丸イと言うい草ではなく七島いと言う特殊ないぐさを使用している畳表を使った畳の事で、いぐさは国内では大分県で栽培されていますが数少なく貴重で高価となっており、低価格な中国産のものが多く使われています。

    通常は半畳サイズのものを市松敷きにするのが一般的で人気がありますが、一畳サイズのものもあります。

    しかし、近年生活形態や住宅事情、又コストの面、又飲食店や旅館などには天然の七島イではなく和紙や樹脂素材の機能性畳表を使った畳表を使ったへり無し畳も人気が出ています。

    ただ、後記のものは琉球畳とは言いません。

    正しくは琉球畳といえるのはあくまでも七島イを使ったへり無し畳のことなのです。

    七島イについては、当店のブログ、ホームページで引き続き記載させていただく予定ですので、よろしくお願いいたします。