萩原製畳店のご紹介

有限会社萩原製畳

昭和4年、大田区蒲田大城通りに創業して80余年。親子3代、地域と密接な関わり合いをしながら、地元の方々に喜んでいただく為に、一生懸命に仕事をしてきた畳屋です。

何よりも、地元に信頼され・愛される畳屋でありたいと、思っています。主に大田区・品川区・目黒区・世田谷区から港区・中央区・千代田区・台東区・江東区・杉並区・中野区・川崎市から横浜市、その他 一軒一軒きめ細かく対応いたします。

また、お寺・文化財等の畳の張り替えも行っております。

住所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田6-1-4
電話:03-3738-0550 FAX:03-3734-2377

1952年頃の萩原製畳店

1952年頃の萩原製畳店

職人とその家族紹介

萩原保男(社長・2代目)85歳 ○萩原保男(取締役・2代目)92歳。

初代が始めた畳屋を戦後有限会社として立ち上げ、多くの職人を育て上げ、蒲田畳業組合組合長も務め、現在はよき相談役として、まだまだ足腰元気に地域の重鎮として慕われる存在となっている。

萩原康浩(3代目・長男)53歳。 ○萩原康浩(3代目・代表取締役社長。長男)59歳。

明朗。元気。仕事は真面目にきっちりこなす。へりなし畳・寺社仏閣の畳・他に小畳・畳コースターのほとんどを製作しています。面倒見の良い性格で地域の学校や町会・神社・商店会・組合の役員をしており、地域につながりが深い。
余談だがとても動物好きで現在うさぎ・かめ・めだかを飼い、保護猫3匹の面倒をみている。

○萩原俊明(3代目・次男)55歳。

体力には自信あり。明るく社交的でサービス精神あり商店会の総務等世話役を長く引き受けている。行動力も抜群。おもには縁つけ・仕上げを担当。寺社仏閣の紋縁の難しい柄合わせを得意としている。器用で大工仕事もこなし、畳ベンチの製作・大城地蔵の背面と枠組み等の製作もした。多摩川在住。

  ○萩原麻美(営業・事務)59歳。

現在経費・顧客管理・営業促進・商品開発等をしている。
畳小物の管理販売とホームページやSNS担当。不器用だが、物作りや雑貨や天然素材が好き。おっとりした性格だが、世話好き、話好き。

会社概要

フリガナ ユウゲンガイシャハギハラセイジョウ
社名 ㈲萩原製畳
所在地電話番号電話番号

FAX番号

〒144-0051 東京都大田区西蒲田6-1-4

03(3738)0550

03(3734)2377

設立年月日 昭和35年 1月
資本金 3,000千円
代表取締役 萩原 康浩
従業員数 2人
事業内容 畳工事一式請負
取得資格 1級畳技能士(萩原康浩・萩原俊明)職業訓練指導員(萩原保男)
施行先 ○一般住宅○賃貸住宅○店舗○寺社

○文化財 等の新規畳入れ替え・表取替

施工現場名 ○浅草寺○江戸東京たてもの園(天明邸・表取替)○我孫子市杉村楚人冠邸(表取替)○雑司ヶ谷鬼子母神(本堂・紋縁・表取替)○深川江戸博物館(琉球縁無し畳・表取替)

○練馬ふるさと資料館(新規わら畳床)